上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
ピクチャ 54

「ベルリンの壁(Berlin Wall)」崩壊から20年を迎えた独Berlinで9日夜、記念式典が開催され巨大ドミノ倒しが行われた。この日までにブランデンブルク門(Brandenburg Gate)周辺のかつて壁があった場所には、子どもたちを中心にして描かれた約1000個の巨大ドミノが並べられており、ポーランドのレフ・ワレサ(Lech Walesa)元大統領が最初の1枚を倒した。

Berlin Wall after 20years

 この20年間に国外で起こったこととして忘れられないのはベルリンの壁の崩壊です。即位の年に起こったこの事件に連なる一連の動きにより、ソビエト連邦からロシアを含む15カ国が独立し、それまでは外部からうかがい知ることのできなかったこれらの地域の実情や歴史的事実が明らかになりました。より透明な世界が築かれていくことに深い喜びを持ったことが思い起こされます。しかし、その後の世界は人々の待ち望んだような平和なものとはならず、今も各地域で紛争が絶えず、多くの人命が失われているのは誠に残念なことです。世界の人々が、共に平和と繁栄を享受できるようになることを目指して、すべての国が協力して努力を積み重ねることが大切であると思います。
 今日、わが国はさまざまな課題に直面しています。このような中で、人々が互いに絆(きずな)を大切にし、叡智(えいち)を結集し、相携えて努力することにより、忍耐強く困難を克服していけるよう切に願っています。<即位20年 天皇陛下のお言葉>

ピクチャ 60

ぼくは大学に入って間もなく、桑原茂一さんの元で仕事を教わり、そこでいろんなことを学ばせてもらった。自分が生まれ育ったこの国の社会との関わりもまだ何もなかったぼくが、その最初の一歩から世界とつながる空気のなかで光りを見つける事が出来たのは彼のお陰であって幸運だった。そうして25歳になろう頃、まだYou Tubeもなかっても、ベルリンの壁のニュースはぼくの心を大きく衝き動かした。何かまた初めて感じる気運であったし、ムズムズした気持ちは高ぶり、得体の知れぬ興奮をおぼえた。明らかにそれまでとは別の、より自分自身という力でもって世界に挑んでみたくなったのだと思う。そのままの勢いで、恩師ともいえる彼の元を飛び出して UNITED FUTURE ORGANIZATIONをつくったとき、まさにぼくはそんな風だった。<矢部 直>


11/14|ingコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

U.F.O.,YABE TADASHI 矢部 直

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
What time is it?
kitty clock
widgets/installing-widgets/why-cant-i-see-my-widget/">More info)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。