上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
Klaudiusz by Yabe Tadashi

クラウディウシュ・シルサルチック演出による実験的ダンス・シアター
COUSCOUSKUSKUS - from Warsaw/Poland

『ジキルとハイド』

【制作】
演出・脚本:クラウディウシュ・シルサルチック
音楽:ヤベ・タダシ (ユナイテッド・フューチャー・オーガニゼイション)
マルチメディア:バルテク・ポロンスキ
ロボット製作:ボグダン・グリゴ
プロデューサー:シルヴィア・ドマンスカ

【出演】
マルタ・ヤロフスカ
エヴァ・ニェムチェフスカ
クリスティナ・フィシュエル
ドミニカ・ストロイェック

【来日公演】
2011年9月27日(火)28日(水)29日(木)
開場:19:00 開演:19:30
会場:シアターX (墨田区両国2-10-14 両国シティコア内) TEL:03-5624-1181
料金:1.000Yen

また9月26(月)には同劇場内において、クラウディウシュ・シルサルチック氏が自ら指導するワークショップ『Speaking Body』を行う。参加費は3千円、ただし限定11名まで。
詳細は追ってお知らせします。

【企画の概要】
 『ジキルとハイド』は、性的暴行を受けた過去を背負い、欲求を充足させる異常な手段に依存する4人の若い女性の夜を描いている。シューティングスクリプト(最終脚本)は、スティーヴンソンの原作をはじめ、マルキ・ド・サド『閨房の哲学』、アラン・マバンクの『アフリカン・サイコ』からの引用を用いながら独自に書き下ろされた。
そのテーマは、クラウディウシュ・シルサルチック作品で度々取り上げられてきた相互関係の永続性‐生まれ育った家庭環境における相互関係が、夫婦関係へ与える影響と今日の現実に照らし合わせた分析である。新作で検証されるのは、他者との関係に影響を持ちながら、容易く抑えることのできない、人間の内に潜む無意識な衝動である。『ジキルとハイド』では、暴力が必要悪として、ひいては了解によって引き起こされる可能性に着目しながら、女性の性という領域を扱い、人間が操られる限界を観察する。
 これはダンス・シアターの既成概念を越え、独自の舞台を模索する実験的芸術プロジェクトである。ワルシャワの俳優・ダンサー陣、音楽を手掛ける日本のDJ 矢部直(UFO)、マルチメディアを担当するリトワニアのバルトシュ・ポロンスキ、ロボット製作者のボグダン・グリゴがその特異な世界観を支えている。

Jekyll  Hyde 1

08/26|実演映画音楽コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

U.F.O.,YABE TADASHI 矢部 直

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
What time is it?
kitty clock
widgets/installing-widgets/why-cant-i-see-my-widget/">More info)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。