上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
この秋、両国シアターX(カイ)では芸術の国ポーランドから
3つの作品の来日公演をいたします。3作品とも全く異なる
ユニークで芸術性の高いものです。ぜひとも観ていただきたく、
特別料金の1000円といたしました。劇場でのLIVE体験をぜひ!


9月27日~29日は『ジキルとハイド』

 クロード・シルサルチック(演出・脚本)の作品は、演劇的ダンスシアターで既成概念を越え独自の舞台を模索する不可思議な芸術作品です。ワルシャワの俳優・ダンサー陣と、
音楽を手掛けるのは日本のDJ 矢部直(UFO)。
またマルチメディアを担当するのはリトワニアのバルトシュ・ポロンスキ、ロボット製作者のボグダン・グリゴがその特異な舞台を支えています。

3日間ともに19:30開演。

(9月26日にはクロード・シルサルチック氏本人によるワークショップ"Speaking Body"を
行います。参加費お一人3000円/定員まであと5人程度。) 

some notes on the workshop:by Klaudiusz Slusarczyk
- I work on embodying memories, so the physical movement is structured on events that we have once lived.
- My concern is to make the body speak, not display a movement but be an expression of thought, real thought no matter what it is.
- Technically, we work with a set of exercises that are a composition of own exercises and a variety of creative explorations including body mapping, body mind centering, play with levels, shape and dynamics.
- Often our movement has been described like that of 'insects', because the body looks like it is fragmented.
- I think one important notion is that the atmosphere of the workshop helps to express yourself, different to that of the 'everyday', so it is an opportunity to be 'yourself' differently.
- Another, is that I believe that we 'take in' so much, images, sounds, sensations everyday, that the balance of taking in is overwhelming, so we work with the body as a way to externalize those, create a movement with the body so that we give something back.
- Also the workshop is possible for dancers, but also is open for people of no dance experience, but it is important that people know that it is sometimes physically challenging
- the workshop space is at the theatre stage of Theatre X, I know this space and it is good to work in. it is suitable for about 15-18 participants.
- we will also be working with music, so the workshop will be guided by live music propositions by DJ Yabe Tadashi) 

http://www.theaterx.jp/11/110927-110929p.php


10月4日~6日は『女たちの合唱』[hu:r kobje+]
 年齢もキャリアもさまざまに異なる女性たちが、ギリシア劇や現代劇や、エルフリーデ・イェリネクの言葉や、お菓子のレシピやCMのキャッチコピー、映画や童話などをテキストとして叫び、歌い、囁きます。この『女たちの合唱』は新しい形の合唱=コロスです。
 
10月4日19:30 5日14:00/19:30 6日19:30開演。(毎回アフタートークあり)
http://www.theaterx.jp/11/111004-111006p.php


11月25日~27日は演劇『ライロニア』
 ポーランドの哲学者レシェク・コワコフスキの怪奇なユーモア、知的で諧謔的ななおとぎ話『ライロニア国語』(沼野充義・芝田文乃=訳)をもとにした作品です。
 劇団テアトル・カナによる演劇とアニメーション上映も予定されています。
http://www.theaterx.jp/11/111125111127p.php
 

申込みページ ※電話、メール、ファックスでも受付ます。

劇場シアターΧ(カイ)
Webサイト:http://www.theaterx.jp/
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14
TEL:03-5624-1181 FAX:03-5624-1155

スクリーンショット 2011-09-12 17.29.02
後援:駐日ポーランド共和国大使館



スポンサーサイト
09/12|Live Stageコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

U.F.O.,YABE TADASHI 矢部 直

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
What time is it?
kitty clock
widgets/installing-widgets/why-cant-i-see-my-widget/">More info)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。